プレゼントをその場で開けないのはなぜ?プレゼントを開けない人の心理

プレゼントを受け取っても、その場で開けない人がいます。

そんな時、「折角、プレゼントを渡したのに、喜んでいないのかな?」と思ってしまいますよね。

以前、HIPHOPアーティストCreepy NutsのDJ松永氏が「貰ったプレゼントでも、気に入らなければ帰りの駅で捨てる」と話し、話題になりました。

流石にプレゼントをすぐに捨ててしまう人は少数だと思いますが、今回はプレゼントをその場で開けない人の心理についてお伝えします。

目次

プレゼントをその場で開けない人の心理

プレゼントを受け取ってもその場で開けない方は多くいらっしゃいます。X(旧Twitter)で調べてみると、様々な声が上がっていました。

まず、相手の期待に応えられるかどうかが不安という人がいます。

相手が自分のことを想って選んでくれたプレゼントだからこそ、喜んでいることをしっかりと伝えていきたいですよね。そのような相手を想った気持ちがプレッシャーとなり、プレゼントを受け取ってもその場で開けないことがあるようです。

その場でプレゼントを開けないと、「プレゼントが嬉しくないのかな?」と思ってしまうことがありますよね。ただ、プレゼントの喜びを一人で噛み締めたいので、その場で開けないケースもあるようです。

①相手からの信頼

相手との親密度を測る基準には、様々な基準があります。

「相談に乗ってくれる」「一緒に遊びに出かける」「約束を破らない」「同じものを同じように感じる」など、多様な基準です。

まず、友人関係には、「この人は困った時に自分を助けてくれる人だろう」と思える信頼が大切ですよね。

プレゼントを受け取る時に「嬉しい!」としっかり表現してくれる人からは、「自分への気遣い」や「自分への心配り」を感じますよね。そのような人は、きっと自分が窮地に陥った時にも手助けしてくれるような人だと信頼できます。

こんな風に贈ったプレゼントを喜んでくれると、嬉しいですよね。家族であると、家族仲がより一層深まることでしょう。

プレゼントをその場で開けない人は、そのようなプレゼントを受け取る際の重要性がわかっているからこそその場で開けない選択をしています。期待に添えないリアクションだと、信頼を損ねてしまいますからね。

②社会規範

冒頭に紹介したDJ松永氏の「気に入らないプレゼントは帰り道に捨てる」エピソードをどのように感じたでしょうか?もし、自分の贈ったプレゼントがそのように扱われていることを知ると、ショックですし、その人の倫理観を疑いますよね。

松永氏は誇張して話していると思いますが、「プレゼントを受け取って、喜ぶ」はある程度の社会規範となっています。これまでの人生であまりそのような場面を見たことはありませんよね。

そのような社会規範を知っているからこそ、プレゼントをその場で開けない人は開けるリスクを取らないのです。もし、「この人喜んでいないんじゃない?」と思われてしまうと、人としての決め事やルールから逸脱していると捉えられかねないですからね。

③類似性

また、プレゼントを渡す場面では、渡す側の人がプレゼントを「相手が喜ぶ」と思って選んでいます。「相手が喜んでくれるかな?」と思って、プレゼントを選ぶ瞬間が最も楽しいです。

プレゼントは、相手が喜んでくれるのか主観によって選ぶため、贈る側の価値観が強く現れます。そのため、プレゼントを受け取って喜ぶか、喜ばないかで、「同じものを同じように感じるのかか否か」、いわゆる類似性が現れます。

プレゼントをあなたが渡す場面を思い浮かべてみてください。相手が喜んでいる場面を見ると、「この人は自分と同じ価値観なんだな」と嬉しくなりますよね。

プレゼントをその場で開けない人は、このことがよくわかっているからこそ、「相手の期待に応えないと!」と考えます。そのため、プレゼントをその場で開けません。

④リアクションが苦手

①〜③の通り、プレゼントを受け取る場面は、相手との関係性において非常に重要なシーンです。

「相手に感謝を伝えたい」「感動をしっかり表現したい」との思いが強くなりすぎると、自分のリアクションへのハードルが高まります。

相手に「あまり喜んでいなかったな…」と感じられると、折角贈り物を用意してくれた相手に申し訳なくなります。サプライズでのプレゼントだと、求められるリアクションへのハードルがより一層高まりますよね。

このようにリアクションが苦手だという人は一定数います。本当に嬉しいと思っていたも、その感情表現がなかなか相手に伝わらないこともあるでしょう。

そのような時、後で静かに開封するために、その場で開けないことがあります。相手を想うが故の行動ですね。

⑤その場の雰囲気

続いては、プレゼントを貰う場面についてです。大勢の人が集まる場面などであれば、なかなか開ける時間を作れない時もあります。

特に大勢の人がプレゼントを開けなければいけない場面では、全てのプレゼントを開けていくわけにはいけない場面がありますよね。例えば、クリスマス会などの時に、プレゼントを開ける時間がなければ、その場で開けることができません。このようなケースは仕方がないですね。

また、プライベートな贈り物である場合は、他の人の目に触れる場面で開けないこともあります。会社の送別会などで親密だったお客さんからのプレゼントは自分一人になった瞬間に開けることもあるでしょう。特に、会社員としての贈り物ではなく、個人的なメッセージが多く含まれるプレゼントであれば、公開できないこともありますよ。

その場で開けない人へのプレゼント

では、そんなプレゼントをその場で開けない人にプレゼントを贈る時にはどのようにすれば良いでしょうか。

いくつか方法をお伝えします。

①事前ヒアリング

まず、贈る相手に「どのようなプレゼントが嬉しいのか」を事前に聞いておくことがおすすめです。

そうすると、相手の希望に沿ったプレゼントを贈ることが出来るので、喜んでくれるプレゼントを贈れますね。贈る側としても、「喜んでいないんじゃないか」と不安になる可能性も大きく下げられます。

②定番の物をプレゼント

プレゼントには年齢や性別によって定番のものがあります。20、30代の女性であればコスメ、男性であればネクタイなどが定番でしょう。外さないプレゼントを選んで相手に喜んでもらいましょう。

人気のコスメを見る

人気のネクタイを見る

③消え物のプレゼント

また、年齢を問わず気の利いた「消え物」は、喜ばれるプレゼントです。「消え物」とは、使えばなくなってしまう食品や日用品を指します。お菓子や入浴剤などは、消え物になりますね。

消え物のプレゼントは、相手の手元に長期間残ってしまうことがなく、負担になってしまう可能性が低くなります。そのため、プレゼントとしてはおすすめです。

人気のお菓子を見る

人気の入浴剤を見る

④カタログギフト

結婚式の引き出物などでよく貰えるカタログギフトも外さないプレゼントとしておすすめです。

カタログギフトは、予算さえ決めてしまえば、相手が好きなプレゼントを選ぶことができます。会う機会が限られてしまい、趣味趣向などが読みづらい人へのプレゼントにはぴったりですね。

誕生日や記念日など予算に合わせたカタログギフトを選んで贈りましょう。

プレゼントを贈るとき、相手がその場で開けてくれないと不安になりますよね。ただ、受け取る側の性格によって、受け取り方は様々です。贈る側はしっかりと気持ちが伝わるように、受け取る側はその場で開けなくとも感謝の気持ちを伝えていくようにしていきたいですね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

言わずと知れた敏腕ライター

コメント

コメントする

目次